ハートのエース (I can't display)

Lyrics & Composed by 鈴木規容 Arranged by S.Nobira

かんたんだよ そんなこと わらっていればいいんだよね
元気だよ いつだって それでも君にあいたいよ

走るのが好きだった すこしムチャがしたかった
呼吸だけ聴いていた 忘れたいことがあった

街はみんなオレンジ 湯気でくもってる
私は待ちぼうけしたまま そこにたっていたんだ


かんたんだよ そんなこと わらっていればいいんだよね


暗闇が好きだった 別に怖くなかった
なにもみえないから なにもみたくなかった

いわなくてもいいから 誰にもいえない
そうして まもってきたものは よわさだってわかってる


ことばが飛び交う 愛してるよ ハートのエース
ほんとうはおこってる 愛してるよ ハートのエース


それでも君にあいたいよ


I can’t display.


[Musicians and Staff]

Guitar: Sato Mitsuaki
Bass: Yanagi Yuichiro
Keyboards,Programming and Mix: S.Nobira

[Comments]
この曲は、鈴木氏の作詞作曲というわけで、僕はアレンジャーとしての役割。
曲の感じがなかなか掴めなくて、苦労した記憶があります。
それにしても、「かんたんだよ そんなこと わらっていればいいんだよね」というフレーズに
いつも心をえぐられるんですよ…。泣きたい。
(のびら)

 聴きどころは2分すぎあたりかな、「ラララ…」。
のびらのアレンジのおかげで魅力を増したと思っています。
 詞は〈希薄化していく記号〉というのがテーマなのかな。
「愛してるよ」ということばであったり、「わらう」というしぐさであったり、
そういうものをいつももとめられているような息苦しさ。
 それは途上国の貧困なんかを持ちだして、なかったことにしようとするひともいるけど、
それは間違っているんじゃないかと。
 あたえられた〈いま〉はこういうもので、ポジティヴにでもネガティヴにでもなく、
僕らは生きていかなきゃいけない。(鈴木)

 
Copyright (C) Yugao Records. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt